[ギター機材]

7.エフェクターの分類




いきなりですが、少々難しい話というかとっつきにくい単語が増えてきます。
最初に全部覚えてしまおうとせず、1つ1つを使ってみて、その中で少しずつあせらずに覚えていけば良いと思います。
ここでは、エフェクターを種類別にまとめて、その系統からお話してみようと思います。

  1. ダイナミクス系
  2. フィルター系
  3. 歪み系
  4. モジュレーション系
  5. 空間系

1.ダイナミクス系

ダイナミクス系は、代表的な物では「コンプレッサー」、「リミッター」、「ノイズゲート」などがあげられます。 これらはギターの音の強弱をコントロールするもので、コンプレッサーは弱い音を一定の音量まで上げ、強すぎる音を一定の音量まで下げてくれるような働きをします。 詳細は、また別途記載するようにします。

BOSS CS-3(コンプレッサ サスティナー)
コンパクトエフェクター
BOSS CS-3(コンプレッサ サスティナー)
BOSS NS-2(ノイズ サプレッサー)
コンパクトエフェクター
BOSS NS-2(ノイズ サプレッサー)

2.フィルター系

フィルター系は、代表的な物では、「イコライザー」、「ワウ」、などがあげられます。 ギターの音の成分をコントロールするもので、コンポなどにも付いていたり、ポータブル系の音楽再生機のipodやwalkman、ヘッドホンステレオなどにもあります。
コンポだとスーパーBASSなどの名称で低音を強調するような機能が付いていたりするアレもその類も実はイコライザーになります。
詳細はまた別途掲載するようにします。

BOSS GE-7(グラフィック イコライザー)
コンパクトエフェクター
BOSS GE-7(グラフィック イコライザー)
Budda Wah
ワウペダル
Budda Wah

3.歪み系

オーバードライブ、ディストーションに代表されるハードロック、ヘビメタには必須のアイテムですね。 本来音の歪みは、ギターアンプを大音量で鳴らしたときに自然に発生する現象なのですが、それを機械的に作り出すエフェクターです。
オーバードライブはナチュラルな歪みでディストーションはオーバードライブよりも更に歪ませるエフェクターと言えます。ギター初心者の方でロックをやりたいと思っている方はまずこの歪み系から入って見るのが良いのではないでしょうか

BOSS DS-1(ディストーション)
コンパクトエフェクター
BOSS DS-1(ディストーション)
BOSS OS-1(オーバードライブ/ディストーション)
コンパクトエフェクター
BOSS OS-2(オーバードライブ/ディストーション)

4.モジュレーション系

コーラス、フェイザー、フランジャーなどのエフェクターで音に揺れを与えるような加工を施します。 コーラスでは、音が複数なっているような加工をするので、音が浮いて聞こえるようなイメージです。 複数なっているようなイメージと言う事で「コーラス」なんだと思います(たぶん)
詳細は別途掲載するようにします。

BOSS DH-1(スーパー コーラス)
コンパクトエフェクター
BOSS DH-1(スーパー コーラス)
BOSS PH-3(フェイズシフター[フェイザー])
コンパクトエフェクター
BOSS PH-3(フェイズシフター[フェイザー])

5.空間系

リバーブ、ディレイがこの類であり、エコーというと一般的かもしれませんね。
鳴っている本来の音を採っておき遅らせて鳴らすという仕組みで、大まかにいうとリバーブもディレイも同じような使い方ができます。
リバーブが大きいホールの残響音をシュミレートしていますね。
これも詳細は別途掲載するようにします。

BOSS RV-5(デジタル リバーブ)
コンパクトエフェクター
BOSS RV-5(デジタル リバーブ)
BOSS DD-3(デジタル ディレイ)
コンパクトエフェクター
BOSS DD-3(デジタル ディレイ)